ハイパーバイザー
VMware ESXi6.0を含む VMware ESX/ESXi4.1から6.0(vStorage APIサポート必要)
*インストールするアプライアンスマシンのために、ESX(i)ホストのデータストアに40GBの空きが必要。
展開元アプライアンスマシンは以下に設定されています。
 仮想ソケット数:2
 ソケットあたりのコア数:1
 メモリ:2GB

ブラウザー
Internet Explorer 9 以降
Google Chrome v25 以降
FireFox v19 以降
*いずれも1024x640での表示を推奨

バックアップ仮想マシン(ファイルシステム)
Windows Server 2016
Windows Server 2012、2012 R2
Windows Server 2008、2008 R2
Windows Server 2003、2003 R2
Windows 2000 Server SP4
Windows 10
Windows 8、Windows 8.1
Windows 7
Windows Vista
Windows XP SP3
(それぞれのNTFS)
Linux(XFS/Ext3/Ext4/Swap/LVM)
*バックアップ対象とする各仮想マシンには ホストに合わせた最新のVMware Tools がセットアップされている必要があります。仮想マシンOSが Linuxの場合は更にVMware Toolsインストール時にvmsyncオプションを有効にしてのインストールが必須です。

バックアップイメージ保存ストレージ
アプライアンスマシンへのダイレクトアタッチ(USB2.0、IDE、SCSI)
NFS
CIFS(samba)
iSCSI

特記事項
  • ESX(i)ホスト自体のバックアップはvmGuardianではおこなえません。同梱のActiveImage Protector Boot Environment for vmGuardianのDVDを使用してください。
  • バックアップ対象の仮想マシンを選択する際は、ホスト単位の一括選択や仮想マシン単位でおこなえます。