vmGuardianとは

vmGuardian は、VMware ESX(i) 仮想環境に特化し、仮想マシンを一括で、同時に重複排除圧縮しながらバックアップする、エージェントレスバックアップソフトウェアです。VMware ESX(i) 上に仮想アプライアン スとしてインストールし、Web インターフェースを通じて、複数の仮想マシンを一度に1 つのイメージファイルと してバックアップします。

バックアップ機能

ActiveImage Protectorのバックアップエンジンを使用
バックアップ製品として実績のあるActiveImage Protectorのエンジンを使用しています。信頼性のある高機能、高速なバックアップ機能を提供します。
重複排除による高い圧縮効果
独自の重複排除圧縮により、劇的にバックアップサイズを抑えることができます。仮想ディスク内、仮想ディスク間での処理を、バックアップ時に同時に行いますので余分なメディアサーバーを必要とせず、高速です。
高速な増分バックアップ
前回のバックアップ以降の変更のみを保存する増分バックアップ をおこないます。対象の仮想マシンのベースラインバックアップと増分バックアップをまとめて同じイメージファイルに保存しますので、ファイル管理がシンプルになります。
スマートセクター技術による必要最小量のバックアップ
仮想ディスク(VMDK)内のファイルシステムを解析して使用済みセクターのみをバックアップ対象としますので、必要なサイズのみをバックアップします。
他のESX(i)ホストへ接続してバックアップ
アプライアンスをインストールしたホストから他のESX(i)ホストへ接続してマシンをバックアップ/リストアできます。
Windows/Linuxのファイルフォーマットに対応
Windows仮想マシン、Linux仮想マシンのNTFS、Ext3フォー マットのディスクに対応しています。
複数の仮想マシンを1つのイメージファイルとしてバックアップ
ESX(i)ホスト上、vSphere仮想プラットフォーム上で登録されたホスト、プール上から仮想マシンを選択します。ESX(i)ホスト上の複数の仮想マシン(VM,VMDK)でもまとめて一度に1つのイメージファイルとしてバックアップできますので、とても効率的です。
増分バックアップを独立して保存するファイル形式を追加
バックアップイメージファイルをまとめて一つのファイルに保存するのが従来の形式でした。新バージョンでは、増分ごとに独立したファイルとして保存する形式も追加されました。定期的にバックアップデータをレプリケーション(複製)する場合には、新しく追加された増分ファイルだけがコピー対象になりますので、時間が大幅に短縮されます。

エージェント不要のバックアップ

仮想マシンにエージェントは不要
VMwareが提供するVMware vStorage API for Data Protection を採用しています。仮想マシンにバックアップエージェントをインストールする必要はありません。
仮想アプライアンスを配置するだけの簡単な設定
ESX(i)環境に仮想マシンとして作成した仮想アプライアンスを配置(ovaファイル)するだけで、すぐに使用を開始できます。
vmGuardianアプライアンスを64ビット化
アプライアンスのOS、VMwareのライブラリも含めてすべて64ビット化しました。最新のVMwareライブラリを使用することで、32ビットで起きていた数々の問題が改善され、さらに広いメモリ空間の確保でき、仮想環境や仮想マシンへのアクセスが安定しました。

バックアップオプション

バックアップのスケジュール化
バックアップの実行を、1回のみ、週単位、月単位でスケジューリングできます。
ネットワーク帯域制御機能
ネットワークストレージを保存先にしている場合など、同一ネットワークへの負荷が問題になるときに、負荷を抑えながらバックアップできます。(ネットワーク帯域を、キロバイト単位で制限)
イメージファイルの保護
プロテクトを有効にした場合、バックアップイメージを保護できます。暗号化する場合はRC5 (256bit)やAES(128/256bit)を使用して暗号化をおこなえます。
イメージファイルのMD5ハッシュを作成
作成したイメージファイルの MD5 をファイルに出力できます。
増分バックアップイメージファイルのコンソリデーション(合成)機能を追加
増分バックアップのファイルを独立して保存する形式の場合、ファイル数があまりに増えすぎると管理しづらくなります。コンソリデーション機能を使えば、増分ファイルが指定した個数(初期値は30個)になると自動的にひとつの増分ファイルにまとめられます。コンソリデーション後も各リカバリーポイントはそのまま保持されます。

リカバリー機能

簡単な復元作業
バックアップ元の同じ仮想マシンへの上書きや新規仮想マシンとしても復元が可能ですので、様々な復元シナリオに対応できます。
元のホスト以外への復元可能
接続可能なプール上へ仮想マシンの復元ができます。
同じホスト内の新しい仮想マシンへの復元も可能
バックアップしたVMは元のVMとして復元するだけでなく、新しい別の仮想マシンとして復元が可能です。元のVMを保存しておかなければいけない場合や仮想マシンの設定だけを新しくして復元したい場合などに使います。
ファイル単位の復元機能
バックアップイメージをマウントして、必要なファイルのみを個別に復元することができます。
ファイルをZIPにまとめてダウンロード
バックアップイメージファイル内の仮想ディスク上から指定したファイルをZIPにまとめてダウンロードできます。
復元時の仮想ディスク名の変更機能
復元時に別の名前の仮想ディスクに復元できます。これにより、オリジナルの仮想ディスクへの上書きを回避できます。また、オリジナルを保存しておくために、コピーをとる必要もありません。
ESX(i)ホスト自体のバックアップ/リストアが可能
同梱のActiveImage Protector Boot Environment for vmGuardian のDVDを使えば、ESX(i)ホスト自体のバックアップ/リストアが可能です。

その他

Webブラウザー上で操作
アプライアンス上のvmGuardian はWebブラウザーを通じて操作を行います。バックアップするホスト、仮想マシンの選択、グループ化、スケジュール作成、復元先ホストの選択、復元、ライセンス管理などすべての操作をおこなうことができます。
vMotionとVMware HAに対応
vMotionやVMware HAで別のホストに移動してしまった仮想マシンも自動的に追跡して増分バックアップを継続します。vCenterで管理された環境でも矛盾なくバックアップをおこなうことができます。
バックアップ対象のESX(i)ホストを管理
バックアップ対象のESX(i)ホストを登録、管理ができます。登録後は自動でホストのバージョン情報が取得され、Webコンソールのホスト情報ではホスト内のリソースプール、VMが一覧できます。登録したまま接続や切断ができ、切断時にはWebコンソールのホスト情報へ情報を出さないようにもできます。
CUIも使用可能
vmGuardianアプライアンスマシン上で動作するキャラクターベースのコンソールも使用できます。vmGuardianアプライアンスマシンの電源を投入すると自動的に起動し様々な操作、設定が可能です。
メール通知機能
スケジュールバックアップがエラーを起こした場合や成功した場合に指定したメールアドレスに通知します。