仮想環境ホスト向けバックアップ、ディザスターリカバリーソリューション

ActiveImage Protector 2018 Update Virtual Edition

ActiveImage Protector Virtual Editionとは

ActiveImage Protector Virtual Editionは、仮想環境向けのバックアップ/ディザスターリカバリーソリューションです。ActiveImage Protector 2018 Update Virtual Editionでは、エージェントレスバックアップをおこなうHyperAgent™を搭載しました。HyperAgent™はエージェントをインストールすることなく仮想マシンをバックアップ(以下、エージェントレス・バックアップ)できますので、仮想環境ホストへの負荷が大幅に軽減され、構築にかかわる時間も短縮されます。従来のエージェントをインストールして仮想マシンのバックアップをおこなう機能(以下、エージェントベース・バックアップ)も使用できます。 ActiveImage Protector 2018 Update Virtual Edition では、 ActiveImage Protector Server / Desktop EditionActiveImage Protector Linux EditionHyperAgent™の4製品から構成されています。ライセンスは、「仮想環境ライセンス」あるいは「クラウドライセンス」が適用されます。

new_icon
エージェントレスバックアップ機能を追加
ActiveImage Protector 2018 Updateでは、新たに"HyperAgent™"機能を追加しました。仮想マシンへのエージェントのインストールは不要で、重複排除圧縮などの負荷のかかる処理はバックアップ対象マシンではなく別のマシンにインストールしたHyperAgent™がおこないます。ホストやゲストマシンのCPUやメモリの負荷は最小限となります。

...
エージェントベースとエージェントレスのハイブリッドバックアップ
ActiveImage Protector 2018 Update Virtual Editionでは、 ActiveImage Protector Server / Desktop EditionActiveImage Protector Linux Editionの3製品にプラスして"HyperAgent™"が追加されています。従来のエージェントをインストールして仮想マシンのバックアップをおこなう機能も引き続き使用でき、どちらでも、同一ホスト上の仮想マシンのバックアップは台数無制限です。

...
HyperRestore(リストア機能)
従来のエージェントベースあるいは今回のエージェントレス・バックアップのイメージファイルを同じ、または別の仮想マシンに復元可能です。別タイプのハイパーバイザーにも柔軟に復元可能です。

...
HyperStandby(仮想スタンバイ機能)
バックアップイメージを仮想環境上の「仮想スタンバイ(待機)マシン」として待機させることにより、元のサーバーに障害が発生した場合には、この仮想スタンバイマシンを起動させて、即座に復元できる機能です。

...
バックアップ作成したイメージファイルを、iSCSIターゲットに:
ActiveImage Protectorでバックアップ作成したイメージファイルは、iSCSIターゲット化することによって、ローカル及びネットワーク上にある任意のiSCSIイニシエータからローカルディスクとしてマウントすることができます。万が一サーバーに障害が発生した場合には、マウントしたディスクをHypervisor上の仮想マシンに直接アタッチすることによって、即時ブート、運用再開ができます。

...
シームレスリストア
iSCSIマウントしたイメージファイルからブートしている仮想マシンをVMware vMotionのストレージ移動機能を使って、本番環境のストレージにシームレスにデータを移動して、リストアを完了できます。

...
仮想環境ライセンス:
「仮想環境ライセンス」は、1仮想環境ホストに対してライセンスされ、仮想環境ホスト上で稼動する仮想OSの種類、数に制限なくインストールし、使用できるようにしたライセンスで、Linux用のライセンスを別途購入する必要もありません。

...
クラウドライセンス:
パブリッククラウドなどクラウド上の仮想マシンであれば、ホストに関係なく5台まで1ライセンスで使用できます。また、仮想マシン1台単位で利用できるパブリッククラウド用仮想シングルライセンスを用意しています。