ActiveVisor
ActiveImage Protectorのための集中管理コンソール

ActiveVisorとは

ActiveVisorは、クライアントPCのバックアップステータスのCollect(収集)、Monitor(監視)、Correct(修正)を軸にした組織全 体のクライアントPC の健全性の保護、監視を統一した方法で集中管理できる統合管理マネージャーです。

ネットワーク上の各クライアントのActiveImage Protectorエージェントからの情報を収集し、視覚的な統計情報の表示、クライアントの状態、バックアップ状況、保存先の状態の監視、タスク、スケジュールの配信等をおこなうことができます。一元的にすべてのActiveImage Protectorの状態、設定をWEBブラウザーを通じてもActiveVisorエージェントと接続してどこにいても管理することができますので、管理者の作業が大幅に軽減されます。

ActiveVisorを使用するメリット

  • システム管理者が大量のバックアップ対象マシンを一台一台管理する手間が省けます。
  • 必要に応じてWebブラウザーでの管理も可能ですので、管理者はどこにいても作業が可能です。
  • 障害が発生した場合、どのマシンでどういった障害が発生したかを視覚的にわかり易いインターフェ―スで提供していますので、復旧作業が迅速におこなえます。
  • 運用開始後に想定外のバックアップの遅延が発生した場合でも、状況がわかり易く表 示されますので、さらに踏み込んだシステムやデータの保全管理がおこなえます。

様々なデータをグラフィカルに表示できるダッシュボード搭載

探索したコンピューター数、OS種別、管理下のコンピューター数、クライアントのActiveImage Protectorのエディション、タスクの失敗/成功などの情報を視覚的なグラフですぐに把握できます。


きめ細かい柔軟なスケジュール設定可能

個別のクライアント毎にスケジュールを設定できます。また、あらかじめ作成したテンプレートに従って、一括で同一パターンのバックアッププランを配信できます。


クライアントリストの表示

アクティブディレクトリ、ワークグループのコンピューターを探索した一覧から、簡単に管理対象に追加できます。管理対象のクライアントはコンピューターの情報、バックアップタスクの状況などを確認することがでます。ここからバックアップタスクの開始、停止も可能です。


クライアントのモニタリング、クライアントのログ収集

クライアントのバックアップ状況、タスク実行状況など、クライアントの状態をモニタリングできます。クライアントエージェントの情報を常に収集して保存しますので、各クライアント毎の実行ログの閲覧が可能です。保存先ストレージの状態も管理しますので、容量不足などを的確に察知できます。


リモートからプッシュインストール

同一ドメイン、ワークグループのクライアントPCを探索し、 ActiveImage Protectorエージェントをリモートからプッシュインストールできます。ActiveImage Protector のVirtual Editionのライセンスのプロダクト キーを使用して、ハイパーバイザー上のクライアントへプッシュインストールすることもできます。


管理対象のクライアントへテンプレートをデプロイ

バックアップ、スケジュール、vStandbyタスク、クライアント設定で作成したテンプレートを管理対象クライアントへ配布します。複数のクライアントを選択し一括で配布が可能です。バックアップ、スケジュールのテンプレートは組み合わせて配布が可能です。クライアント個別の変更もできます。


クライアントはグループ分けして管理可能

登録したクライアントは自由にグループ分けして管理できます。管理単位を現状の構成に合わせて自由に構築できます。


障害発生が一目でわかるアラート機能

なんらかの障害が発生した場合、どのマシンでどういった障害が発生したかが視覚的にわかり易いGUIを提供していますので、即座に復旧作業に着手できます。


ライセンス管理

クライアントのエージェントに適用されるライセンスの集中管理が 可能です。プロダクトキーの情報表示、アクティベート済みのクラ イアントの表示、一括アクティベートなどがおこなえます。 ActiveVisorで管理対象となるのはサポートサービスが有効なクライアントですので、どのライセンスの期限が有効かを確認できます。また、インターネット接続ができない場合でもライセンスファイルによるアクティベーションによりActiveVisorを使った管理が可能です。


Azureネットワーク上の仮想マシンに対応

Azureネットワーク上の仮想マシンも管理可能です。Azure ネットワークをローカルドメインに接続することでActiveVisor の管理下に入れることができます。

Webブラウザー経由での管理が可能

必要に応じてWebブラウザーでの管理も可能ですので、管理者はどこにいても作業が可能です。 サポートしているブラウザーは、Google Chrome、Microsoft EdgeとApple Safariです。


システム要件

ハードウェア

· CPU: Pentium 4 または同等以上の CPU
· メイン メモリー: 2048MB 以上
※4096MB 以上を推奨
· ハードディスク: 350MB 以上の空き容量が必要

Web ブラウザー

以下のブラウザーからの Web アクセスをサポート
· Google Chrome バージョン59以上
· Microsoft Edge バージョン42以上
· Apple Safari バージョン12以上

ディスプレイ解像度

1280x1024 以上を推奨

オペレーティング システム(インストール時)

Windows 10(x64)、Windows Server 2012R2 以降のOS
※デスクトップ OS などユーザー アカウント制御機能が有効になっている環境は、プログラムの実行許可が要求される場合があります。プログラムの実行許可を求められたときは、[許可]を選択して実行中のウィザードを進めてください。

管理対象クライアント

ActiveVisorが管理可能なクライアントは、ActiveImage Protector 2018SP2以上です。ActiveImage Protector 2018と2016 R2での使用は一部制限があります。