USBメモリのみでクローニング可能な
キッティングツール

ActiveImage Deploy USB

ActiveImage Deploy USBとは

ActiveImage Deploy USBは、システムインテグレーターやVAR/OEM向けに、USBメモリのみでクローニングが可能なコンピューター用キッティングツールです。

ActiveImage Protectorのエンジンを搭載したデプロイ用USBメモリを作成し、マニュアル不要のわかり易いユーザーインターフェースを使ってクローニングが可能です。これによりエンジニアの設定作業の工数、時間、コストを大幅に削減できます。

特長

ゼロクリック復元(“オートスタート”機能の実装)
作成したデプロイ用USBメモリでは、起動するだけで自動的に復元する“オートスタート”機能を実装しています。キッティング作業をおこなう際、一度にPCを並べるスペースがなくても、開梱と並行しておこなえますので、作業効率が向上します。
ワンクリック・バックアップ
作成したデプロイ用USBメモリを使用する際、マスターイメージの作成は1クリックで完了できます。ファイル名の指定などエンジニアが入力をおこなう箇所は一切ありません。
実用的なイメージオプション
復元時のボリューム拡大︓復元時に複数のオプションから選択しボリュームサイズを拡大できます。
パスワード付きイメージのサポート︓デプロイするイメージにパスワー ドを設定できますので、セキュリティ上安心です。
重複排除圧縮のサポート︓デプロイするイメージに重複排除圧縮のオプ ションを選べますので、デプロイする容量を大幅に縮小し、デプロイ時 間も短縮できます。
Windows PEベースで、様々なハードウェア環境に対応可能
ActiveImage Deploy USBは、Windows PEベースですので、ユーザーが独自にドライバーを組み込んでカスタマイズ可能です。
USBメモリ内にバックアップイメージを保存、他の保存ストレージは不要
バックアップ時は内部的に設定されたUSBメモリの保存領域にバックアップファイルが保存されます。他の保存ストレージを用意する必要はありません。またリストア時は、USBメモリから同一ファイルを元に復元処理をおこないます。
デプロイ用USBメモリの作成はウィザードに従うだけ
バックアップとリストアができるデプロイ用USBメモリは、インターネットに接続している作成用コンピューター上でウィザードに従うだけで簡単に作成できます。使用するUSBメモリは手持ちのUSBメモリが使用できます。
ActiveImage Protector のディスクイメージも使用可能
あらかじめActiveImage Protectorで作っておいたバックアップイメージファイルで、デプロイ用USBメモリを作成することもできます。
ネットワークの構築やデプロイメントサーバーは不要
従来のキッティング作業は、デプロイメント専用のローカルネットワークやサーバーを立てておこないますが、サーバーの設定が面倒であったり、ネットワーク配布の成功率が低い、という問題がありました。ActiveImage Deploy USBを使えば、ネットワークやデプロイメントサーバーは不要で、デプロイ用USBメモリを各PCに差し込んで、電源を入れるだけです。
復元用USBとしてPCに添付
PCメーカー等が、エンドユーザー向けのPCに復元用USBメモリを添付して出荷することができるライセンス(ActiveImage Deploy USB Plus)を用意しました。インターフェースは「リストア」ボタンひとつだけで、エンドユーザーが1クリックでPCを初期の納入状態に戻すことができます。
柔軟で安価な復元ライセンス
使用回数ごとのライセンス体系のため、ライセンスコストは最小限に抑えることができます。購入ライセンス数の割当ては、各デプロイ用USBメモリにユーザーが自由に割当てでき、追加分についてもActiveImage Deploy USBの作成ウィザードを使って、必要なライセンス数をデプロイ用USBメモリに追加することが可能です。
複数のライセンスキーのサポート
ライセンス管理画面から複数のライセンスを追加し、管理できます。 ユーザーはクライアント企業ごとのライセンスを管理できるようにな りました。

ActiveImage Deploy USBの画面

ActiveImage Deploy USBを使って作成したデプロイ用USBメモリを使用する際、一切のマニュアルやドキュメントは不要です。まずバックアップをおこなう際には、USBメモリを、対象とするマシンのUSBスロットに差し込んで電源を投入します。 起動した後、「バックアップ」ボタンをクリックするだけで、バックアップイメージを取り込みます。配布(デプロイ)時は、コンピュータを箱から出し、バックアップ保存済のデプロイ用USBメモリを接続して電源を投入します。起動したら「リストア」ボタンをワンクリックするだけでディスクイメージを展開できます。


ActiveImage Deploy USBの用途

ActiveImage Deploy USBが有効利用できると想定されるケースは以下の通りです。
  • 企業、政府機関、学校等で大量のコンピューターを新規導入する際、共通するOSやアプリケーションをセットアップし、一斉に展開したい場合
  • ハードディスクエラー、致命的なウイルス汚染、オペレーティングシステムのクラッシュ、自然災害等によるトラブルが発生した時に、簡単かつ高速にコンピューターのシステムを元の状態に復旧しなくてはならない場合
  • コンピューターメーカー、SIや組み込みシステムメーカーがノートPCやデスクトップPC出荷時に、エンドユーザーでも簡単にシステム復旧をできるツールを提供したい場合

システム要件

ハードウェア

· CPU: Pentium 4 または同等以上の CPU
※Intel Itanium (IA-64) ベースで稼働するシステムは非サポート
· メイン メモリー: 1024MB 以上
※デプロイメント USB メモリからの起動には 2048MB 以上を推奨
· ハードディスク: 500MB 以上の空き容量が必要
※他に4GBの作業領域が必要

インターネット環境

デプロイメント USB メモリの作成、更新時に必要
※この製品は作成/更新ウィザード起動中にアクティベーション サーバーと通信を行います。サーバーとの通信に失敗した場合はネットワーク接続を確認してください。作成/更新を行う環境がプロキシサーバー経由でインターネットへ接続を行っている場合は[設定]からプロキシ設定を行ってください。

オペレーティング システム

インストール対象
バージョン1703(Creators Update)以降の Windows 10(32ビット、および64ビット)
バックアップ、デプロイ/復元対象
- for Server ライセンス
Windows XP SP3(x86)/ SP2(x64)、Windows Server 2003 SP2(x86/x64)以降の OS
- for Desktop ライセンス
Windows XP SP3(x86)/ SP2(x64)以降のデスクトップ OS

Windows PE ツール

バージョン1703 以降の Windows ADK 10
※以下のコンポーネントが必要
  • Deployment Tools
  • Windows Preinstallation Environment(Windows PE)