(株)ネットジャパンが仮想化とクラウドサービスへの対応をさらに強化した バックアップ/ディザスターリカバリーソフトを出荷開始

2014年8月28日

(株)ネットジャパン(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:蒋 冠成)は、自社が開発したディザスターリカバリーソフトのサービスパック、「ActiveImage Protector 3.5 SP5」(読み:アクティブ・イメージ・プロテクター3.5 エスピー5、以降、ActiveImage Protector)を、2014年8月28日から出荷開始します。

今回リリースするSP5では、無償版のVMware ESXiホストへのP2Vの直接変換が可能になった他、バックアップしたイメージファイルのレプリケーション(遠隔地でのデータ保存)先として、SFTPとAmazon S3を選択できるようになりました。 SP5としてリリースするActiveImage ProtectorのEditionは、仮想環境向けにActiveImage Protector のVirtual Edition、for Hyper-V Enterpriserとfor Hyper-V with SHR、物理環境向けにServer EditionとDesktop Edition、IT管理者向けにIT Pro Edition、クラスター環境向けにCluster Editionの7製品です。

SP5での新機能

  • 無償版VMware ESXiホストへのP2V(物理-から仮想)の直接変換が可能
    P2V機能に新しく“ベーシックモード”を追加しました。従来の有料版ESXiホストに加え、無料ライセンスのESXiホストへもP2Vの直接変換ができ、VMDKファイルの作成が可能となりました。ローカルでVMDKを作成してからホストにアップロードするのに比べて、大幅に時間が節約でき、また利便性も高まります。
  • クラウドストレージサービスに対応
    バックアップしたイメージファイルのオフサイトレプリケーション(遠隔地データ保存)先として、セキュリティの高いSFTPとクラウドストレージ、Amazon S3を選択して保存できるようになりました。
  • ActiveImage ProtectorのIT Pro EditionのAIPBE(Windows PE 起動環境)でP2V(仮想化)をサポート
    IT Pro Editionの起動環境内においても物理ハードディスクやバックアップイメージファイルからP2V(仮想化)がおこなえるようになりました。
  • AIPBE(Windows PE 起動環境)作成ツールの強化
    最新のWindows ADK for Win8.1/2012 R2 updateを使用してAIPBE(Windows PE 起動環境)を作成できるようになりました。
  • リモートコンソリデーション
    増分バックアップのコンソリデーションを他のPCのActiveImage Protectorから行うことができます。バックアップの実行リソースとコンソリデーションの実行リソースを分離することで、バックアップマシンにかかる負荷を分散できます。
  • オフサイトコンソリデーション
    オフサイトレプリケーションした増分バックアップを他のPCのActiveImage Protectorを使ってコンソリデーションできます。遠隔地に保存したイメージファイルを遠隔地でコンソリデーションできますので、コンソリデーション済のファイルを毎回レプリケーションするよりも効率的です。

ActiveImage Protectorとは

ActiveImage Protectorは、ディスクイメージングによるバックアップ/リカバリーソフトです。仮想と物理マシンのバックアップ時におこなうActiveImage Protectorの重複排除圧縮のデータ圧縮機能は、世界トップレベルの縮小率とパフォーマンスが最大の特長となっていて、業界でも高い評価を得ています。 主な特長は、以下の通りです。

  • 重複排除圧縮機能により保存容量を大幅に縮小
  • ホット/コールドイメージングのバックアップ
  • セクター単位の高速バックアップ、復元
  • 増分バックアップ、スケジュールバックアップに対応
  • 遠隔地にデータを保存できるため、災害対策が可能
  • ファイルやフォルダーを個別に復元可能
  • ウィザード形式で、簡単操作。バックアップ作業のための専任エンジニアは不要
  • 自社開発製品による、きめ細かく、安心できるサポート
  • 大手SEベンダーでOEM採用。官公庁や研究機関にも導入実績多数
  • GUI付きのLinux Editionを提供

製品情報とシステム要件

製品情報の詳細とシステム要件は、こちらをご覧ください。

販売価格と販売見込み

(株)ネットジャパンでは、ActiveImage Protectorをネットジャパンが契約しているインテグレーター、パートナー、大手流通やネットジャパンの法人向けオンラインショップ「ビズネットジャパン」(https://biznetjapan.jp/)を通じて販売し、一年間で7億円の売上を見込んでいます。

  • 価格の詳細につきましては、価格表(PDF)をご覧ください。
  • 年間サポートサービス期間内のActiveImage Protector Virtual / Server / for Hyper-V / Desktop / IT Pro / Cluster Editionのユーザーは、無償にてSP5へアップデートできます。

お問い合わせ先、商標

  • 本ニュースリリースに関するお問い合わせは、(株)ネットジャパン マーケティング部 までお願いします。
    E-mail:
  • お客様からのお問い合わせ先は、(株)ネットジャパン 法人営業部までお願いします。
    (TEL)03-5256-0877 (FAX)03-5256-0878 E-mail:
  • Copyright © 2014 NetJapan, Inc. All rights reserved.
    ActiveImage Protector、ActiveImage Protector for Hyper-V with SHR、ActiveImage Protector for Hyper-V Enterprise、ReZoomは、株式会社ネットジャパンの商標です。
  • 画面写真は、こちらからダウンロードできます。